ダイエット後のお腹の皮たるみ、原因と予防法は?

目安時間7分

こんにちは、松下です!

 

「お腹痩せダイエットに成功できたけど、実はお腹の皮がたるんでしまって悩んでいる」という人は結構多いです。

 

せっかくぽっこりお腹を解消できたのに、お腹の皮がたるんでいては海やプールで堂々としていられませんよね。

 

そこで今回は、お腹の皮たるみの原因と予防法をテーマにしたいと思います。

 

お腹の皮たるみは出てから改善するよりも、出る前に予防する方がはるかに簡単ですので、それを頭に入れながら読まれてみて下さい。

 

お腹の皮たるみの原因は?

テレビ番組のダイエット企画などで、実践前後の状態が紹介されているのをよく見かけます。

 

実践後に「ダイエットできました」という人のお腹を見てみると、確かにお腹痩せに成功しているのですが、お腹周りの皮がたるんで残念なことになっている人を見かけます。

 

そもそも、なぜダイエットをするとお腹の皮がたるむ人がいるのでしょうか?

 

それは、人の皮膚の特性による影響が大きく、もともと皮膚は伸びる性質を持っているからです。

 

例えば、バネを想像してもらえると分かりやすいと思いますが、この伸び縮みの特性を皮膚が持っているからこそ、人は柔軟に動くことができます。

 

逆に、太ってしまいお腹もぽっこりしてくると、体の内側にある脂肪が増えます。

 

そして、体の構造上その脂肪を溜め込もうとするので皮が引き伸ばされてしまい、その結果お腹の皮たるみが発生してしまうのです。

 

お腹の皮たるみの予防法とは?

「1週間大根おろしだけ食べる」とか「3日断食」など過度な食事制限を行って、急激なダイエットをしようとすると、皮の元に戻ろうとする速さが脂肪の減る速さに追い付かなくなってしまいます。

 

だから、お腹の皮がたるんでしまうのです。

 

特に、太ってぽっこりお腹になっていた期間が長い人や、短期間で急激にダイエットをした人は、お腹の皮がたるみやすいです。

 

だから、ダイエット成功後にお腹の皮がたるまないようにする為には、短期間で急激なダイエットをしないことです。

 

このブログで紹介しているおすすめ教材には、急激なダイエット方法はすすめられていませんが、それは健康的というだけではなく、皮たるみを発生させない様にといった側面もあるのです。

 

お腹の皮たるみは手術で解消できないのか?

美容外科などでは、短期間での急激なダイエットによる「お腹の皮たるみ」をなくすための手術を行っている所もあります。

 

しかし、手術をするケースでは費用が100万円以上する場合も多く、感染症や大量出血等のリスクも無視できません。

 

また、手術を行った痕が体に残るといったデメリットも考えると、お腹のたるみを予防する方法として手術はおすすめできるものではありません。

 

お腹の皮たるみは筋トレで解消できないのか?

短期間での食事制限によるダイエットでは、体重の大幅な減少効果は期待できるものの、お腹の皮たるみによるリスクがあります。

 

そこで、お腹の皮たるみを防ぐのに効果的なのが筋トレです。筋トレで筋肉を鍛えれば、脂肪が減った空間を支えることができます。

 

また、筋トレをやることでたるんだ肌にハリが出て、健康的に見えるといったメリットもあります。

 

お腹の皮たるみを改善するのに必要なのは、腹筋運動などの筋トレによる無酸素運動です。筋肉に負荷をかけて刺激することで体が引き締まるので、お腹の皮たるみの解消効果が期待できます。

 

お腹の皮たるみはクリームで解消できないのか?

もう一つ別の方法として、クリームを使ってお腹のたるみを解消するというのがあります。

 

ただ、口コミを見てみると「お腹のたるみが解消されました、おすすめです!」という人もいれば、「全然ダメでした」という意見もたくさんあるというのが実情です。

 

だから、「このクリームを使えば、必ずお腹の皮たるみが解消されます」といった商品を見つけるのは難しいでしょう。

 

お腹の皮たるみを解消すると言われているクリームを塗りながらマッサージをすることによって、皮膚が自分の力で元の大きさに戻る効果というのはある程度期待できるかもしれませんが、クリームを塗るだけでどこまで直接皮たるみの解消効果があるかというのは定かではありません。

 

最後に

お腹の皮たるみを発生させない為のポイントは、急激なダイエットをしないということです。

 

最低でも1ヶ月以上は時間をかけながら、ダイエットをしていくのが良いでしょう。このブログで紹介しているお腹痩せダイエット教材のサポートも、最低1ヶ月以上のものばかりです。

 

その背景には、こういった急激なダイエットをすすめないといった理由も含まれていると言えるでしょう。

 

ご参考になれば幸いです。

 

お腹痩せダイエット教材の格付け評価はこちら

評価の客観性・公平性を保つ為に、ぽっこりお腹解消ナビでは、

 

  • 教材の完成度はどうか?  
  • 効果期待度はどうか?   
  • レターとの整合性はどうか?
  • 価格に見合っているか?  
  • サポート体制はどうか?  

 

これらの評価基準を使い、お腹痩せダイエット教材を4段階評価で格付けしています。興味のあるボタンをクリックして、レビューの中身をご覧になってみて下さい。

 

 

   身体 

内臓脂肪レベルって何?同世代の平均を知っておこう!

目安時間7分

こんにちは、松下です!

 

あなたのぽっこりお腹の原因を知ろう!」のチェックリストで、ぽっこりお腹の原因が「内臓脂肪」によるものだと判定された方にとって、この話題は気になる内容だと思います。

 この記事の続きを読む   

   身体 

腹回りばかり脂肪がつくのは何故か?

目安時間7分

こんにちは、松下です!

 

少し前に私の知人が、「男性は30代からお腹がぽっこりしてきたという人は多いけれど、そもそも腹回りばかりに脂肪が付きやすいのは何故なんだろう?」という話をしていたことがあります。

 

確かに、男性がダイエットをやらねばと悩んでいるのは「身体全体が太っている」か「お腹回りばかり太っていて、他は痩せている」のどちらかで、「お腹以外が太っていて・・・」という話はあまり聞きません。

 

今回は、30代以降の男性のケースを例にしながら、お腹回りにばかり脂肪が付く理由について、紹介していきたいと思います。「なぜお腹痩せダイエットには脂肪の燃焼が必要なのか?」というのが、感覚的に分かって頂きやすくなると思います。

 この記事の続きを読む   

   身体 

「基礎代謝」とは何? よく聞くけど正しく理解できてる?

目安時間12分

こんにちは、松下です!

 

「家でゴロゴロしているだけなのに、なぜかお腹が減ってきた」。このような経験は誰しもお持ちではないでしょうか。

 

これは「基礎代謝」という身体の機能が、自然と蓄積されたエネルギーを消費をしてくれるので、特に身体を動かしていなくてもお腹が空いてくるというものです。

 

自分の身体にこれほど便利な機能があるのであれば、これをお腹痩せダイエットに活かさない手はありません。

 

そこで今回は、「基礎代謝とはそもそも何なのか」「基礎代謝を上げる為にはどういう方法がいいのか」について触れていきたいと思います。

 

 この記事の続きを読む   

   身体 

ブログ運営者
サイド用の顔写真

お腹痩せプロモーターの松下です!
教材の助けを借りて、ぽっこりお腹を解消してきた私が、教材を徹底レビューしています。

⇒詳細プロフィールはこちら
お問い合わせ

メールサポート

ご質問、ご相談はこちらからどうぞ。2日以内に返信致します。お気軽にご連絡ください。

⇒ご質問、ご相談はこちら
お腹痩せダイエット教材格付評価

当ブログ独自の判断基準を使い、お腹痩せダイエット教材を5段階に格付けしました。興味のあるボタンをクリックして、レビューの中身をご覧になってみて下さい。


⇒ほったらかしダイエット福辻式

⇒激しい運動不要で腹筋を割る楽々ダイエット

⇒完璧な腹筋を手に入れて美しくなる方法

⇒有酸素運動で理想の体型を手に入れよう!

⇒理想的な体を手に入れるダイエット

⇒今から間に合う短期集中ダイエット

⇒新陳代謝を活性化して無理なくダイエット

⇒シークレットモデルダイエット

⇒前島式肩甲骨ダイエット

⇒ぽっこりお腹改善マニュアル

⇒自宅トレーニングで完璧な体を手に入れる

⇒ホントの夜トマトダイエット


⇒THE MOTE BODY

⇒SSMTメソッド

⇒日本人男性専用トレーニング

⇒さかさまダイエット

⇒メンズボディデザイン

⇒頑張らなくていい産後ダイエット

⇒蓮水カノンの1日7秒腹ペタダイエット


⇒腹筋RED

⇒腹割ダイエットプログラム


⇒シックスパックビルダー

⇒ダイエットバイブル

⇒【荒木式】断糖肉食ダイエット

⇒デスクワーカー専用ダイエット

自分の本心に忠実に書いています。当ブログ管理人の価値感による評価ですので、他サイトの評価結果とは異なります。
お腹痩せ教材選定にお悩みの方へ

初心者教材選定ガイド

教材の選び方がよく分かる!教材選定ガイド。

⇒詳細はこちら
人気ブログランキング

人気ブログランキングの「部分痩せ」部門で、1位を獲得しました!

ブログランキング1位キャプチャ

いつも応援頂きありがとうございます (^^)/

当ブログ内検索

ページの先頭へ