食事制限だけで痩せるデメリットとは?しっかり食べて健康キープ

目安時間8分

こんにちは、松下です!

 

ぽっこりお腹の解消に「食事制限」を取り入れている方も多いかと思いますが、食事制限ダイエットの「本当の怖さ」までは、あまり知られていない様に思います。

 

そこで今回は、

 

①食事制限だけで痩せるデメリットとは?

②健康的に食事制限を実践する為のコツとは?

 

という話題で、生活習慣病専門医のコメント内容も交えながらお話したいと思います。

 

食事制限だけでお腹痩せダイエットをやるデメリットとは?

お腹痩せダイエットを食事制限のみで行った場合、現実的に以下の3つがデメリットとなります。

 

  • 痩せても下腹ぽっこりのまま痩せる
  • 痩せる部位を選べない
  • 体質が変化して痩せにくくなる

 

まず食事制限だけで仮に痩せたとしても、お腹の形自体はあまり変わらず、絞られることはまず無いでしょう。

 

また、お腹から痩せるのではなく、まず顔からげっそりしていくので、体が引き締まっていないのに見た目で周りの人から心配されるという、皮肉なことになります。

 

「周りの人から心配」というのは、私の知人の話なので少し極端に聞こえるかもしれませんが、こうなるとストレスばかりが溜まり、どんどん悪循環に陥ってしまいます。

 

そして、最もやっかいなこととして食べていない割に痩せにくくなる、基礎代謝量が低下する」ということを引き起こしてしまいます。

 

「お腹痩せダイエットは危険」の真実

%e3%83%aa%e3%83%90%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%89

基礎代謝量とは、人が何もしないでいたとしても、生きていく為に必要な最低限のエネルギーのことを言います。

 

厚生労働省のデータによれば、35歳の成人男性であればおおよそ1500kcalが必要と書かれています。

 

これは天ぷら蕎麦3杯分に相当するのですが、寝たり息をしているだけで、これだけのエネルギーを消費していることになります。

 

通常、必要な基礎代謝は血液や筋肉に蓄えた糖質や脂肪をエネルギーとして使います。

 

しかし、食事制限により基礎代謝に使うエネルギーすら不足する状態に陥ると、今度はエネルギー浪費家の脳や筋肉の活動を制限、もしくは減らそうとします。

 

私が断食の様な食事制限をしていた時の話ですが、頭がぼーっとしたり、体がだるくなっている時間がかなり長かった様に思います。これは、脳や筋肉などの活動が制限された為だと考えられます。

 

それでも食事を摂らないでいると、最終手段として体は筋肉を分解してエネルギーや栄養素を取り始め筋肉が減少する=基礎代謝量が低下するになります。

 

アフリカなどで食事が十分に取れていない地域の子供の写真や映像をご覧になった方も多いかと思います。それを見れば皮と骨だけの子供が映し出されていますが、それは筋肉が使われているという何よりの証拠です。

 

筋肉量が落ち、基礎代謝量が減少そして更に脂肪を減らすまいと体が防衛反応をしてしまう・・・ 

 

そして、無理をして痩せたことにより、以前よりも食べる量は減っているのに太ってしまう、いわゆる「リバウンド」こそが食事制限だけによるダイエットの恐ろしさの真実に他なりません。

 

これでは、ぽっこりお腹解消の為にいくら頑張って食事制限をしても、どんどん痩せにくく太りやすい体になってしまいます。筑波大学の久野教授も、食事制限だけのダイエットは危険と言われていますが、それはこういった理由があるからです。

 

また、最近ネット上で食事制限だけのダイエットは危険だから、スクワットをやるとよいといった安直な内容の記事をよく見かけますが、スクワットだけだと脂肪燃焼効果はそれほど見込めませんので注意が必要です。

 

食事制限のコツは「しっかり食べること」

食事制限でお腹痩せダイエットに成功するコツとしては、「しっかり食べること」これに尽きます。

 

食事を減らして痩せようとしているのに、逆に「しっかり食べて下さい」と言われると違和感を感じる人もおられるでしょう。

 

ただ、事実として太っているのは食事量による影響よりも「食事の質」による影響の方が大きいケースがほとんどです。だから、痩せるのに必要なのは、食事制限ではなくて食事改善なのです。

 

これは、生活習慣病専門医の荒木先生による話ですが、実際本ブログで紹介している荒木式断糖肉食ダイエットの中でも、「食事を制限しなさい」とは一言も書かれていません。むしろ、「食事はしっかり取って下さい」とはっきり書かれています。

 

私もダイエットに取り組み始めた当初は、ほとんど食事を取らないことが痩せることに繋がると信じていました。しかし、実際に食事制限を体験してみると、辛い以外の何物でもなく、結局挫折せざるを得なくなりました。

 

カロリー制限すると逆にダイエット効率が下がってしまうのです。だから、ここを間違えてしまうと、不健康への道まっしぐらになりかねないので注意が必要です。

 

ただ、しっかり食事を取ると言っても、生きていくのに必要な食べ物とそうではない食べ物があります。これは、体に必要な栄養素に関わることなのですが、そこをしっかり区別して食事を取ることができれば、食事制限などせずとも自ずと痩せることはできます。

 

「どういった食べ物を、どのように食べていけばいいのか」荒木式断糖肉食ダイエットの中でこの内容についてはしっかりと解説されています。分からないことがあれば、著者のサポートが付いていますので、どんどん質問しながら食事改善の正しい方法を学んでいってください。

 

最後に

お腹痩せダイエットを極端な食事制限だけでやって挫折すると、「どうして自分はできないのか」と考えて、どんどん自己嫌悪になってしまいます。

 

ただ、それはダイエットしようとしている本人のやる気や本気度が足りていないからではなくて、そもそもやり方を間違えているからに他なりません。

 

間違ったやり方でやり続ければ、リバウンドを繰り返してしまい、いずれは不健康になって体を壊してしまいます。だからこそ、ダイエットは正しいやり方でやることが大事なのです。

 

食事制限だけで痩せることにチャレンジされているという人が、今回の記事を読んでその間違いに気づくきっかけになれば幸いです。

 

 

この記事に関連する記事一覧

ブログ運営者
サイド用の顔写真

お腹痩せプロモーターの松下です!
教材の助けを借りて、ぽっこりお腹を解消してきた私が、教材を徹底レビューしています。

⇒詳細プロフィールはこちら
お腹痩せダイエット教材格付評価

当ブログ独自の判断基準を使い、お腹痩せダイエット教材を4段階に格付けしました。興味のあるボタンをクリックして、レビューの中身をご覧になってみて下さい。


⇒ほったらかしダイエット福辻式DVD

⇒スタイルエクサ・K SuperⅢB

⇒激しい運動不要で腹筋を割る楽々ダイエット

⇒完璧な腹筋を手に入れて美しくなる方法

⇒有酸素運動で理想の体型を手に入れよう!

⇒部分痩せヨガ

⇒理想的な体を手に入れるダイエット

⇒今から間に合う短期集中ダイエット

⇒新陳代謝を活性化して無理なくダイエット

⇒シークレットモデルダイエット

⇒前島式肩甲骨ダイエット

⇒ぽっこりお腹改善マニュアル

⇒自宅トレーニングで完璧な体を手に入れる

⇒ホントの夜トマトダイエット


⇒THE MOTE BODY

⇒SSMTメソッド

⇒スローストレッチ

⇒日本人男性専用トレーニング

⇒さかさまダイエット

⇒美Bodyダイエット★くびれくっきり!

⇒メンズボディデザイン

⇒頑張らなくていい産後ダイエット

⇒蓮水カノンの1日7秒腹ペタダイエット


サイド用HSMT法.png
⇒脅威の筋トレHSMT法

サイド用腹筋RED.png
⇒腹筋RED

サイド用腹割ダイエットプログラム
⇒腹割ダイエットプログラム


サイド用シックスパックビルダー
⇒シックスパックビルダー

サイド用荒木式断糖肉食ダイエット
⇒【荒木式】断糖肉食ダイエット

サイド用デスクワーカー専用ダイエット.png
⇒デスクワーカー専用ダイエット

自分の本心に忠実に書いています。当ブログ管理人の価値感による評価ですので、他サイトの評価結果とは異なります。
教材選定にお悩みの方へ

初心者教材選定ガイド

お腹痩せダイエット教材の選び方を徹底解説。あなたに合った教材がきっと見つかります!

⇒詳細はこちら
お問い合わせ

メールサポート

ご質問、ご相談はこちらからどうぞ。2日以内に返信致します。お気軽にご連絡ください。

⇒ご質問、ご相談はこちら
人気ブログランキング

人気ブログランキングの「部分痩せ」部門で、1位を獲得しました!

ブログランキング1位キャプチャ

いつも応援頂きありがとうございます (^^)/

当ブログ内検索

ページの先頭へ