お腹痩せダイエットに腹筋運動は意味がないって本当?

目安時間12分

こんにちは、松下です!

 

日々、お腹痩せダイエットに取り組まれていることと思いますが、「腹筋運動をやりさえすれば、必ずぽっこりお腹は解消される」と思っていませんか?

 

結論から言うと、腹筋運動だけではお腹痩せダイエットの効果はほぼない」というのが現実です。

 

そこで今回は、私が過去に参加したセミナーや友人の話を交えながら、「腹筋運動によるお腹痩せダイエット効果」をテーマにお届けしたいと思います。

 

腹筋でお腹痩せダイエット効果が出ないのは自分のせい!?

過去に私が参加したお腹痩せダイエットセミナーで先生と受講生のやりとりが興味深かったので、その内容を紹介したいと思います。

 

冒頭、先生が「腹筋運動を行ったことがある方は?」と質問されたところ、約90%の方が手を挙げていました。

 

ところが、「現在も腹筋運動を続けている方は?」と聞かれたところ、一気に減って何とたった5%程度になってしまいました。

 

また、「腹筋運動によるお腹痩せ効果は出ましたか?」との問いに対しても、大半が「思っていたほど効果は出なかった」に手を挙げていました。

 

まず、現実の話として「腹筋運動だけすれば必ず腹が凹む」という先入観が、お腹痩せダイエットに取り組んでいる人の中で強過ぎるのだと思います。

 

だから、「腹筋運動によるお腹痩せ効果が出なかったのは自分のせいだ」と自分を責めてしまうのですが、それは少し違うのではないかと私は思うのです。

 

激しい腹筋運動だけではお腹は凹まない

%e8%85%b9%e7%ad%8b%e3%81%a7%e3%81%af%e5%87%b9%e3%81%be%e3%81%aa%e3%81%84

ぽっこりお腹に悩む私の友人で、あらゆる腹筋メニューを駆使してトレーニングに励んでいるO君がいました。

 

私から見ても彼の腹筋運動には鬼気迫るものがあり、「ここまでやれば、お腹痩せの実現もそう遠くないだろう」と当時の私も思っていました。

 

ところが、厳しいトレーニングの割にO君のお腹はいつまでたってもぽっこり出ているのです。「おかしいなぁ」と思って、ある日私は確認の意味で彼のお腹を少し触らせてもらいました。

 

すると、確かに脂肪の下には固い筋肉が付いているのです! しかし、何故かお腹は凹んでいない現実・・・ これを見て、O君のお腹が凹まなかった要因として、次の2つのことがあるのではないかと私は思いました。

 

  • そもそも一般的な「腹筋運動だけ」ではお腹は凹まない
  • 「筋肉を付けること」と「脂肪を落とすこと」は全く別物であるという事実

 

O君の体型はどちらかというとお相撲さんに似ています。彼らは、脂肪の下に筋肉を纏い、脂肪も併せ持っている為、その脂肪のおかげであの激しいぶつかり合いの衝撃にも耐えられるわけです。

 

激しい腹筋運動をすれば、皆がお相撲さんの様な体型になる訳ではないでしょうが、筋肉を付ければ脂肪が落ちるというものでもないということは、上の実体験からもほぼ間違いは無さそうです。

 

「筋肉を付けると代謝が上がりお腹痩せ効果アップ」は本当?

%e6%9c%ac%e5%bd%93%e3%81%8b%ef%bc%9f

次に「筋肉を付けると基礎代謝が上がってお腹痩せに繋がる」というのが本当かどうか、「筋肉を500g増やし、その分の上がった代謝量で脂肪を燃やすケース」を例に理論的に検証してみます。

 

まず筋肉500gが基礎代謝で消費するエネルギーは、30代で約12kcal/日、4500kcal/年と言われており、筋肉を増やせばそれだけ多くのエネルギーを消費できます。

 

一方、脂肪が蓄えているエネルギーは6kcal/gであり、増えた筋肉が全て脂肪燃焼に働いたとして、4500/6=750g分の脂肪がエネルギーとして消費される計算になります。

 

つまり、筋肉を500g付けると脂肪が750g減るということになりますが、体重としてはたったの250gが減っただけで、ほとんど痩せていないことになります。

 

筋肉をたかが500gと言われるかもしれませんが、それを増やすことがどれだけ大変なことか。1日に増やせる筋肉の量は最大で約6gと言われていますので、仮に毎日長時間トレーニングしたとしても約3ヶ月かかることになります。

 

これでは、なかなかお腹痩せダイエットのモチベーションを保つことは難しいでしょう。

 

じゃあ、結局どうすればいいの?

%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e3%81%a7%e3%81%99

の友人O君のところでも触れましたが、腹筋運動により筋肉が付くのは事実なので、お腹痩せ効果が無い訳ではありません。但し、腹筋運動「だけ」では効率が悪いです。

 

やはり、「お腹痩せ」は腹筋運動で筋肉を付けるだけではダメで、「いかに体脂肪を落とすことができるか」というのが大事です。

 

私が実践したシックスパックビルダーでも、「筋肉を付けながら、脂肪を落としていく」という方法が、短期間でお腹痩せに成功するのに最も効率的な方法であるという解説がされています。

 

脂肪を落とさずして、お腹痩せダイエットの成功は有り得ません。

 

闇雲に腹筋運動だけしてもお腹痩せダイエットに効果がないのは、このような理由から来ているのです。

 

但し、ここで一つ勘違いしてはいけないのは、「お腹痩せダイエットに腹筋運動は全く意味がないのか?」と言うとそうではありません。その本当の理由が何だかご存じですか?

 

お腹痩せダイエットで筋肉が分解される?

日常の食生活で「消費カロリー>摂取カロリー」を守っていれば、通常体重や体脂肪は減っていくはずですが、実はこの時に脂肪だけではなく筋肉も分解されてしまうことが科学的に分かっています。

 

もちろん、体脂肪率が大変多い場合なら、体脂肪が優先して落ちていくのでしょうが、体脂肪がそれほど多くない場合は、むしろ燃費の悪い筋肉の方が先に分解されてしまいます。

 

特に摂取カロリーを極端に落とした場合は、少ないエネルギーでも生きていける「省エネモード」に身体が適応していくので、筋肉はどんどん減ってしまいます。

 

「体重は落ちたのに、体脂肪はあまり変わらないし、見た目も全然格好良くならないなぁ・・」私の友人が、このような悩みを抱えていましたが、こうならない為には腹筋運動で筋肉を刺激して出来る限り筋肉量を維持することが大切になります。

 

腹筋運動で筋肉を損傷させて、より強い筋肉が必要だと体に思ってもらわなければなりません。なぜなら、損傷した筋肉が回復する過程で、前より強い筋肉へと生まれ変わろうとするからです。

 

だから、お腹痩せダイエットに腹筋運動が必要な本当の理由は、「筋肉量を減らさずに維持することで魅力的な体にする為」です。

 

確かに、腹筋運動だけではお腹痩せダイエットはできませんが、「お腹痩せダイエットに腹筋運動は意味がないことだ」というのも間違っています。

 

ここを勘違いしてしまうと、「せっかくお腹痩せできたのに肝心の見た目は??」ということになってしまいますので、注意が必要です。

 

腹筋運動は脂肪燃焼効率を上げる効果も!?

お腹痩せダイエットを成功させるのに最も効果的な方法は「体脂肪を燃焼させること」です。これは間違いありません。

 

そして、体脂肪を燃焼させる為に効果的な方法として有酸素運動を取り入れている方も多いかと思いますが、筋トレに代表される腹筋運動は、この「体脂肪燃焼効果」を上げる役割も持っています。

筋肉が多い体は燃費が悪くて効果的!?

筋肉は、身体の部位の中でも脳の次にカロリーを多く消費する部位になります。

 

だから、筋肉が増えた状態で有酸素運動を行うと、より多くの脂肪を燃焼することができるというわけです。車に例えるなら、筋肉が多い身体は燃費の悪いトラックと同じ様なものです。

 

筋肉が少ない体は燃費が良くて効果薄!?

一方、筋肉が少ない身体は少ない消費エネルギーで効率良く運動が出来てしまいます。こちらは、ハイブリッド車と同じ様なものです。

 

これでは、有酸素運動の運動量を増やしたところで、なかなか脂肪が燃焼してくれずに、ぽっこりお腹も一向に解消してくれないでしょう。

 

筋トレと有酸素運動はセットという考え方

だから、「腹筋運動を併用することで、有酸素運動時の体脂肪燃焼効果を上げる」という考えが大事になってくるのです。

 

「お腹痩せダイエットには腹筋運動は全く意味がない」と書かれている記事も多くありますが、少なくとも上記の理由から腹筋運動に全く意味がないというのはお門違いです。

 

腹筋運動には腹筋運動の役割というものがあるのです。

 

最後に

近頃、しんどい腹筋運動なんてせずとも「このサプリメントを飲みさえすれば」「この器具さえ手にすれば」お腹痩せできます!などという宣伝文句が増えています。

 

しかし、「楽に」「簡単に」お腹痩せできるなんてことは、現実的にあり得ないということは普通に考えれば分かると思います。

 

ダイエットサプリを使えば即効性はあるかもしれませんが、副作用もあって健康的ではないので、そういった方法は論外です。

 

腹筋運動などで直接負荷をかけてあげれば、お腹痩せした後も理想の体型になることができます。だから、腹筋運動は意味のないことではありません。

 

とはいえ、闇雲に腹筋運動をやっても効率が上がらなかったり、身体を痛めたりするケースがあるのも事実です。だから、

 

  • 腹筋運動の回数の割にお腹痩せ効果が出なくて悩んでいる
  • 腹筋を鍛えるのに最も効果的な方法が知りたい

 

といった人には、現役ボディーコーディネータが執筆した腹筋REDという教材がおすすめです。私が実際に体験したレビューもありますので、そちらの内容を一度参考になさってみて下さい。

 

 

この記事に関連する記事一覧

ブログ運営者
サイド用の顔写真

お腹痩せプロモーターの松下です!
教材の助けを借りて、ぽっこりお腹を解消してきた私が、教材を徹底レビューしています。

⇒詳細プロフィールはこちら
お腹痩せダイエット教材格付評価

当ブログ独自の判断基準を使い、お腹痩せダイエット教材を4段階に格付けしました。興味のあるボタンをクリックして、レビューの中身をご覧になってみて下さい。


⇒ほったらかしダイエット福辻式DVD

⇒スタイルエクサ・K SuperⅢB

⇒激しい運動不要で腹筋を割る楽々ダイエット

⇒完璧な腹筋を手に入れて美しくなる方法

⇒有酸素運動で理想の体型を手に入れよう!

⇒部分痩せヨガ

⇒理想的な体を手に入れるダイエット

⇒今から間に合う短期集中ダイエット

⇒新陳代謝を活性化して無理なくダイエット

⇒シークレットモデルダイエット

⇒前島式肩甲骨ダイエット

⇒ぽっこりお腹改善マニュアル

⇒自宅トレーニングで完璧な体を手に入れる

⇒ホントの夜トマトダイエット


⇒THE MOTE BODY

⇒SSMTメソッド

⇒スローストレッチ

⇒日本人男性専用トレーニング

⇒さかさまダイエット

⇒美Bodyダイエット★くびれくっきり!

⇒メンズボディデザイン

⇒頑張らなくていい産後ダイエット

⇒蓮水カノンの1日7秒腹ペタダイエット


サイド用HSMT法.png
⇒脅威の筋トレHSMT法

サイド用腹筋RED.png
⇒腹筋RED

サイド用腹割ダイエットプログラム
⇒腹割ダイエットプログラム


サイド用シックスパックビルダー
⇒シックスパックビルダー

サイド用荒木式断糖肉食ダイエット
⇒【荒木式】断糖肉食ダイエット

サイド用デスクワーカー専用ダイエット.png
⇒デスクワーカー専用ダイエット

自分の本心に忠実に書いています。当ブログ管理人の価値感による評価ですので、他サイトの評価結果とは異なります。
教材選定にお悩みの方へ

初心者教材選定ガイド

お腹痩せダイエット教材の選び方を徹底解説。あなたに合った教材がきっと見つかります!

⇒詳細はこちら
お問い合わせ

メールサポート

ご質問、ご相談はこちらからどうぞ。2日以内に返信致します。お気軽にご連絡ください。

⇒ご質問、ご相談はこちら
人気ブログランキング

人気ブログランキングの「部分痩せ」部門で、1位を獲得しました!

ブログランキング1位キャプチャ

いつも応援頂きありがとうございます (^^)/

当ブログ内検索

ページの先頭へ