お腹痩せダイエットを短期間と長期間でやるデメリットとは?

目安時間8分

こんにちは、松下です!

 

最近、様々な媒体でお腹痩せダイエット法が紹介されていますが、とりわけ短期間例えば1週間とかで結果を出す為に、かなり極端な方法でお腹痩せダイエットをさせるケースを見ることがあります。

 

例えば、「食事をほぼ摂らない=断食」や「ある特定の食べ物しか食べない=置き換えダイエット」といった類のものです。

 

確かに、こういう極端かつ簡単な方法であれば短期間、それも1週間程度で体重が激減するなど、驚異的な成果を出せるでしょう。しかし、短期間でお腹痩せダイエットに成功するということは、それ相応のデメリットがあることも忘れてはいけません。

 

また、「長期間の方がよい」といった意見も一部にありますが、メリットばかりかと言うとそうでもなく一長一短といったところです。

 

そこで、今回は「短期間・長期間でのお腹痩せダイエットにおけるデメリット」と、「お腹痩せに成功するまでの目標期間ってどれくらいがいいの?」というテーマでお届けしたいと思います。

 

短期間ダイエットのデメリットとは?

1週間など極端に短期間でお腹痩せダイエットをやった場合、考えられるデメリットとして、次の3つが挙げられるかと思います。

 

  • 健康面で明らかな悪影響が出る
  • 結局リバウンドしてしまう
  • 日常生活にまで支障をきたす

 

まず、1週間などの短期間ダイエットは、明らかに健康的ではなく過度な栄養不足によって肌がボロボロになってしまいます。

 

そして、最悪の場合健康を害してしまい、元に戻るまでにかなりの時間を費やす場合もあることを考えておかなければいけません。

 

それに好きなものを我慢しての無理なダイエットだと、目標を達成した途端、猛烈に食べまくってしまい、結局リバウンドしてしまうということにもなりかねません。

 

また、摂取カロリーが極端に減るということは、例えば仕事などで頭を使う場合に集中力が著しく低下し、仕事の効率が激減してしまうリスクも忘れてはいけません。最近では、あまりに厳しい短期間ダイエットをやった影響で通風になってしまったケースもあります。

 

だから、極端な短期間でお腹痩せダイエットをやる場合には、どういった理由であれ、こういったデメリットがあるということを知っておく必要があります。

 

忘れてはいけない短期間ダイエットのメリット

ただし、短期間ダイエットには忘れてはいけないメリットもあります。それは「短期間で自分の思い描く姿に近づける」という点です。ぽっこりお腹を解消したい人なら、ウエストが引き締まった自分に近づけるでしょう。

 

例えば、「結婚式を〇月に控えている」「同窓会が〇月にあるのでそれまでに」というように、期間が決まっている場合はモチベーションも自然と高くなり痩せやすくなります。

 

目標の期日を決める事で、少しくらい辛くてもダイエットを続ける動機が生まれやすいので、身体が変化していくのを感じやすくなるでしょう。期間限定だから耐えられる、これがメリットです。

 

長期間ダイエットのデメリットとメリットとは?

長期間ダイエットについては、まず身体への負担という意味でデメリットは少なくなります。ただ、「ダイエット期間が長くなる」という事実はどうしても重くのしかかってきます。

 

習慣化してしまえば気にならない人もいるでしょうが、人によっては途中でギブアップしてしまう人も少なくありません。

 

一方、長期間ダイエットのメリットとしては厳しい食事制限がないので成功確率が高まるといったこと、痩せペースが緩やかなので身体への負担が小さいといった点です。

 

体重なら1ヶ月あたりの許容減量は最大でも5%以内と言われています。逆にそれ以上となると、身体に負荷がかかるという意味です。

 

徐々に痩せていくことができれば身体への負担は大幅に減りますし、リバウンドしにくいといった意味でも一石二鳥と言えるのではないでしょうか。

 

お腹痩せダイエットの目標設定期間はどれくらい?

%e7%9b%ae%e6%a8%99%e9%81%94%e6%88%90%e6%9c%9f%e9%96%93

では「無理なくお腹痩せダイエットをやることができる期間はどれくらいか?」ですが、結論から言うと、「3ヶ月」が一つの目安になると思います。

 

もちろん、方法によっては早い人なら1ヶ月程度で効果が出る人もいるのでしょうが、お腹痩せダイエットで一番大事なことは、身に付けてきた生活や体のリズムを「習慣付ける」ことです。

 

一番怖いことは、暴飲暴食のダラダラ生活に戻ってリバウンドしてしまうことですので、これだけは何としても避けなければいけません。

 

そういった意味でも、3ヶ月というのは丁度良い目標設定期間だと言えるでしょう。本ブログで紹介しているデスクワーカー専用ダイエットの著者・堀川さんも同じことを言われています。

 

具体的な目標のイメージとしては、

 

  • 1ヶ月目:頑張って脂肪を落とす月
  • 2ヶ月目:停滞期を我慢する月
  • 3ヶ月目:再び脂肪が落ち始めるので頑張る月

 

といったところでしょうか。

 

3ヶ月程度の期間であれば、日割りで無理のない計画を立てやすいというメリットもありますよね。

 

また、「3日坊主」と言われる言葉がある様に、人間は何かを習慣化しようと思うと、3週間、3ヶ月、3年という様に「3」周期で行うことが良いとされています。

 

こういう昔の言葉というのは、それぞれに意味があり、上手に利用すると往々にしてうまくいくことがありますので、参考にしない手はないかと思います。

 

最後に

ぽっこりお腹を解消させたい人は、「短期間で」「即効性のある」お腹痩せダイエットの方法にまず目がいくと思います。

 

気持ちは分かりますが、お腹痩せの対象は人間の体なので、短期間で急激に痩せようとすると無理が生じるのは自然なことです。

 

お腹痩せダイエットは「健康的に継続してできる」ことが大前提なので、どう考えても身体に無理をさせてやるものではありません。

 

だからこそ、日常生活にお腹痩せダイエットを習慣付けて、ウエストを引き締めやすい環境作りをすることが大事なのです。やり始めは辛くても、続ければ習慣化できて苦痛に感じることはなくなります。例えると、勉強と同じ様なものです。

 

何から始めればいいのか分からないという人は、デスクワーカー専用ダイエットで著者のサポートを受けながら、無理なく効率的にお腹痩せダイエットできる方法を学んでいって下さい。

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

   日常 

この記事に関連する記事一覧

ブログ運営者
サイド用の顔写真

お腹痩せプロモーターの松下です!
教材の助けを借りて、ぽっこりお腹を解消してきた私が、教材を徹底レビューしています。

⇒詳細プロフィールはこちら
お腹痩せダイエット教材格付評価

当ブログ独自の判断基準を使い、お腹痩せダイエット教材を4段階に格付けしました。興味のあるボタンをクリックして、レビューの中身をご覧になってみて下さい。


⇒ほったらかしダイエット福辻式DVD

⇒スタイルエクサ・K SuperⅢB

⇒激しい運動不要で腹筋を割る楽々ダイエット

⇒完璧な腹筋を手に入れて美しくなる方法

⇒有酸素運動で理想の体型を手に入れよう!

⇒部分痩せヨガ

⇒理想的な体を手に入れるダイエット

⇒今から間に合う短期集中ダイエット

⇒新陳代謝を活性化して無理なくダイエット

⇒シークレットモデルダイエット

⇒前島式肩甲骨ダイエット

⇒ぽっこりお腹改善マニュアル

⇒自宅トレーニングで完璧な体を手に入れる

⇒ホントの夜トマトダイエット


⇒THE MOTE BODY

⇒SSMTメソッド

⇒スローストレッチ

⇒日本人男性専用トレーニング

⇒さかさまダイエット

⇒美Bodyダイエット★くびれくっきり!

⇒メンズボディデザイン

⇒頑張らなくていい産後ダイエット

⇒蓮水カノンの1日7秒腹ペタダイエット


サイド用HSMT法.png
⇒脅威の筋トレHSMT法

サイド用腹筋RED.png
⇒腹筋RED

サイド用腹割ダイエットプログラム
⇒腹割ダイエットプログラム


サイド用シックスパックビルダー
⇒シックスパックビルダー

サイド用荒木式断糖肉食ダイエット
⇒【荒木式】断糖肉食ダイエット

サイド用デスクワーカー専用ダイエット.png
⇒デスクワーカー専用ダイエット

自分の本心に忠実に書いています。当ブログ管理人の価値感による評価ですので、他サイトの評価結果とは異なります。
教材選定にお悩みの方へ

初心者教材選定ガイド

お腹痩せダイエット教材の選び方を徹底解説。あなたに合った教材がきっと見つかります!

⇒詳細はこちら
お問い合わせ

メールサポート

ご質問、ご相談はこちらからどうぞ。2日以内に返信致します。お気軽にご連絡ください。

⇒ご質問、ご相談はこちら
人気ブログランキング

人気ブログランキングの「部分痩せ」部門で、1位を獲得しました!

ブログランキング1位キャプチャ

いつも応援頂きありがとうございます (^^)/

当ブログ内検索

ページの先頭へ