有酸素運動はお腹痩せダイエットに必要なのか?

目安時間9分

こんにちは、松下です!

 

お腹痩せダイエット方法の一つに「有酸素運動」が挙げられます。

 

しかし、「どういった人がやれば効果があるのか」、「どのような効果があるのか」を考えながらやっている人は少ないと思います。

 

そこで、今回は「有酸素運動はお腹痩せダイエットに必要なのか」というテーマでお話したいと思います。

 

有酸素運動をしなくてもお腹痩せできるのか?

これについては、まず結論から言うと、「人による」になります。

 

「そんなの答えになっていないよ」という声が聞こえそうですが、人によっても体質が違いますので、有酸素運動が必要かどうかにも差が出てくるという訳です。

 

どういうことかというと、筋肉が多くて基礎代謝が高い人は、食事管理と筋トレさえやっていれば有酸素運動をやらなくても体脂肪が減っていく人もいます。

 

しかし、これはボディービルダーの様に、週5日のハードな筋トレをして、結果的に消費カロリーが高くなっている人に言えることです。

 

逆に言えば、ぽっこりお腹の人は消費カロリーが低くてぽっこりになっているわけです。

 

だから、有酸素運動を取り入れた方が確実に脂肪燃焼効果は上がるので、お腹痩せしやすい状態になると言えるでしょう。

 

有酸素運動はどうやればお腹痩せに効果的か?

とはいえ、闇雲に有酸素運動をやってもお腹痩せダイエット効果が薄ければ、なかなかモチベーションも上がってこないですよね。

 

そこで、同じ様に有酸素運動をやるにしても、そのタイミングによって、より効率的に体脂肪が燃焼する方法がありますので、紹介したいと思います。

 

それは、

 

  • 筋トレの後にやる
  • 食後ではなく比較的空腹時にやる

 

ということです。

 

単に有酸素運動をやっただけでは、確実に脂肪は燃焼されるものの、消費カロリー自体がそれほど多くないので、効果についてはイマイチということになります。

 

筋トレ後の有酸素運動は効果的

では、有酸素運動をやる前に筋トレをやればどうなるでしょうか?

 

筋トレ自体は無酸素運動の為、それ自体では体脂肪を燃焼してくれませんが、筋トレをやることで脂肪を分解してくれます。

 

ということは、筋トレ後に有酸素運動をやれば、分解された脂肪がより燃焼されやすくなる環境を作ることができるという訳です。

 

有酸素運動のベストタイミングは?

次に、有酸素運動をやるタイミングですが、食事の観点で見ると、その前後でお腹痩せダイエット効果が大きく違います。その理由について説明したいと思います。

 

まず、食後に運動した場合であれば、食事で摂取した糖質が最初にエネルギーとして使われますので、脂肪自体はほぼ燃焼されないということになります。

 

一方、ほぼ空腹になれば、使える糖質が体内に残っていないので、エネルギーとして使えるのが脂肪になり、結果的に体脂肪が燃えやすくなります。

 

しかし、あまりに空腹時は糖質が少ない状態なので、脳まで血液がうまく循環せず、めまいや貧血などのリスクもありますので、激しい運動は行わない様に注意が必要です。

 

以上のことから、どうせ有酸素運動をやるのであれば、①筋トレ後・②比較的空腹時 これを意識することで、体脂肪燃焼効率が大きく異なり、結果的にお腹痩せ効率が変わってくるでしょう。

 

有酸素運動が必要な時間の目安ってあるの?

有酸素運動は、体脂肪を燃焼してくれる運動方法ですが、やり過ぎには別のリスクがあるということを忘れてはいけません。

 

例えば、長時間走ることが求められるマラソン選手の体を見てみると、他の人に比べて体が細く、筋肉も少ない人がほとんどです。

 

これは、マラソンで長時間走ってエネルギーを消費し過ぎるので、体がそれに適応しようとして筋肉を分解してしまっているのです。

 

筋肉が少なくなれば、エネルギー消費が少なく済み、エネルギーが持続しやすいという訳です。

 

お腹痩せダイエットをしている人にとって、筋肉が減ることはあまり好ましくありません。体脂肪を減らすことは大事ですが、同時に筋肉を増やして基礎代謝量を上げていかないと、お腹痩せ効果はなかなか出ないでしょう。

 

以上のことから、有酸素運動をやる時間は、1時間や2時間など長い時間ではなく、20~30分程度の比較的短い時間が、筋肉を減らさない意味でも最も効果的な運動時間であると言えます。

 

尚、近頃の研究では5~10分など短時間の運動でも効果があることが分かってきていますので、長い時間やらなければいけないということに拘る必要は全くありません。

 

そもそも有酸素運動の種類って?

まず、有酸素運動と聞いてパッと思いつくのが、「ランニング」でしょう。日本のランニング人口は、2012年に1000万人を突破したと言われており、単なる流行りではなく健康や美容、スポーツの一つとして定着してきました。

 

そもそも、有酸素運動は「筋肉への負荷が軽く、動きが極めて早いものではなく、持続性のある運動」のことを言い、「酸素を多く取り入れ、その取り入れた酸素で体内の脂肪を燃焼させるもの」と言われています。

 

当然、ランニング以外にも上記の内容を満たすものがあれば、それも有酸素運動の一つですので、実際にどのような種類があるのか紹介したいと思います。

 

よく知られている有酸素運動の種類で言えば、

 

  • 水泳/水中ウォーキング
  • サイクリング
  • ウォーキング
  • 縄跳び
  • 階段昇降
  • 踏み台昇降

 

などが挙げられます。

 

この中で、家の中でも簡単にできるものとして「踏み台昇降」があります。階段やちょっとした踏み台があれば家の中で手軽にできるので、おすすめです。

 

有酸素運動の中でも最もハードルが低いものの、カロリー消費は見込めます。もし、何から始めたら良いのか分からない方がいれば、踏み台昇降から一度始められてみてはいかがでしょうか?

 

無料でやることができ家の中で手軽にできるので、意志さえあれば比較的習慣付けしやすいかと思います。

 

最後に

行き当たりばったりで有酸素運動をやっても、苦労の割になかなかお腹痩せしてくれません。

 

上に書いたポイントを是非意識して頂きながら、効率的に体脂肪を燃焼させましょう。

 

長くなりましたので、最後にこの記事のまとめです。

 

  • ぽっこりお腹の人は脂肪燃焼の為に有酸素運動を取り入れるべき。
  • 有酸素運動は、①筋トレ後・②比較的空腹時 にやるのが効果的。
  • 有酸素運動はあまり長い時間になり過ぎない様に注意が必要。
  • 有酸素運動にも種類があり、家で手軽にやれる踏み台昇降がおすすめ。

 

ご参考になれば幸いです。

 

 

   運動 

この記事に関連する記事一覧

お問い合わせ

メールサポート

ご質問、ご相談はこちらからどうぞ。2日以内に返信致します。お気軽にご連絡ください。

⇒ご質問、ご相談はこちら
当ブログへのご質問

質疑応答
当ブログへ頂いたご質問にお答えしています。

⇒Q&Aはこちら
お腹痩せダイエット教材格付評価

当ブログ独自の判断基準を使い、お腹痩せダイエット教材を5段階に格付けしました。興味のあるボタンをクリックして、レビューの中身をご覧になってみて下さい。


⇒【32点】ほったらかしダイエット福辻式

⇒【28点】激しい運動不要で腹筋を割る楽々ダイエット

⇒【26点】完璧な腹筋を手に入れて美しくなる方法

⇒【22点】有酸素運動で理想の体型を手に入れよう!

⇒【18点】理想的な体を手に入れるダイエット

⇒【18点】今から間に合う短期集中ダイエット

⇒【16点】新陳代謝を活性化して無理なくダイエット!

⇒【16点】シークレットモデルダイエット

⇒【14点】前島式肩甲骨ダイエット

⇒【12点】ぽっこりお腹改善マニュアル

⇒【12点】自宅のトレーニングでパーフェクトな体を手に入れる方法

⇒【10点】ホントの夜トマトダイエット


⇒【58点】THE MOTE BODY

⇒【56点】SSMTメソッド

⇒【52点】日本人男性専用トレーニング

⇒【50点】さかさまダイエット

⇒【44点】メンズボディデザイン

⇒【42点】頑張らなくていい産後ダイエット

⇒【40点】蓮水カノンの1日7秒腹ペタダイエット


⇒【74点】腹筋RED

⇒【70点】腹割ダイエットプログラム


⇒【90点】ダイエットバイブル

⇒【86点】【荒木式】断糖肉食ダイエット

⇒【84点】デスクワーカー専用ダイエット


⇒【94点】シックスパックビルダー

自分の本心に忠実に書いています。当ブログ管理人の価値感による評価ですので、他サイトの評価結果とは異なります。
お腹痩せ教材選定にお悩みの方へ

初心者教材選定ガイド

教材の選び方がよく分かる!教材選定ガイド。

⇒詳細はこちら
人気ブログランキング

人気ブログランキングの「部分痩せ」部門で、1位を獲得しました!

ブログランキング1位キャプチャ

いつも応援頂きありがとうございます (^^)/

当ブログ内検索

ページの先頭へ