運動するならいつのタイミングが効果的?

目安時間8分

こんにちは、松下です!

 

ランニングやサイクリングなど、運動を日頃から取り入れられている方も多いと思います。ただ、どうせやるなら「腹痩せダイエットの効果が出やすいタイミング」で運動したいものですよね。

 

同じ運動をするにしても、運動するタイミングによって腹痩せ効果が異なることが分かっており、それは食事のタイミングとも密接に関係しています。

 

今回は、その「最適な運動タイミング」と「そのタイミングに合わせて運動するコツ」をテーマにお届けしたいと思います。

 

腹痩せに効果的な運動のタイミングとは?

%e3%81%a9%e3%81%ae%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0

結論から言うと、ベストな運動タイミングとしては「少し空腹の、食事後3時間くらい」であると言われています。

 

もちろん「そんなぴったりのタイミングで運動なんてできないよ」と言われる方もおられると思いますので、実践する為のコツについては私が実際にやっている方法を交えて後程説明していきます。

 

まずは、そもそも「何故この運動タイミングが腹痩せに効果的なのか?」という話ですが、これはどうやら「運動する時に何がエネルギーとして使われるか」という事が大きく影響していそうです。

 

食後に運動すれば糖質が使われる

例えば、食後に運動した場合であれば、食事で摂取した糖質が最初にエネルギーとして使われることが分かっています。

 

だから、このタイミングで運動をすれば血糖値の急激な上昇を防ぐのには有用でしょうが、脂肪自体はほぼ燃焼されないことから、運動した割には腹痩せの効果はイマイチということになります。

 

腹痩せは「如何に脂肪を燃焼できるかが鍵」でしたよね!?

 

また、食後は胃に食べ物がまだある状態ですので消化をするために血液が胃に集中しています。そのタイミングで運動をすると、食べたものが消化しにくくなり、胃に負担がかかってしまいます。

 

学生の頃に昼食後の授業で眠くなることがあった方も多いと思いますが、あれは血液が胃に集中して脳に十分供給されない為に起こっていたものです。

 

この状態で運動をすれば体の正常な働きを阻害することになり、いろんな意味でダイエット効果が薄くなるのは容易に想像できると思います。

 

食前に運動すれば脂肪が使われる

一方、食前に運動を行った場合は使える糖質が体内にほぼ無い為、脂肪がエネルギーとして使われますので、腹痩せダイエットには効果的であると言えるでしょう。

 

ただ、運動の満足感から食べ物やアルコールを大量に摂取してしまわない様注意が必要です。

 

また、食前は糖質が少ない状態ですので、脳にまで血液がうまく循環せず、めまいや貧血などのリスクもありますので、激しい運動は行わない様に注意しましょう。

 

以上のことから、運動するのであれば「少し空腹の、食事後3時間くらい」が、腹痩せに効果的なベストタイミングであると言えるでしょう。

 

朝と夜はどちらが効果的なのか?

「運動するなら朝もしくは夜のどちらがいい?」というのは、よく話題になるのですが、正直「一長一短」だと思います。

 

確かに、朝は低血糖状態ですので、夜よりも脂肪燃焼効果は高いと言えます。また、運動により体温が上がりますので、午前中に代謝が高い状態で過ごせるのがメリットです。

 

一方、夜のメリットとしては1日活動してきた訳ですから、朝に比べると身体を動かしやすく、運動量を増やせることです。しかし、激しい運動をすると活性化状態になって睡眠に影響を与えてしまう可能性があります。

 

朝と夜の運動は各々メリット・デメリットがあるので、どちらがいいという訳ではないです。

 

私は朝の運動を習慣付けようとしましたが、朝に弱くてどうしても続きませんでした。早朝に運動すると逆に午前中の仕事に身が入らなかったり・・・ 運動強度をもう少し下げれば良かったのかもしれませんが、私の様に朝が弱い人にとっては朝の運動は辛い以外のなにものでもありません。そういう場合は無理に早朝に運動する必要はないと思います。

 

むしろ、「運動を習慣付けることができれば、朝or夜にこだわらなくてもよい」と考える方が、運動を継続しやすい環境作りができるので良いでしょう。

 

ベストタイミングで運動するコツとは?

とはいえ、運動するきっかけが「ベストタイミング(=食事後3時間くらい)」に無ければ、おそらく実践は難しいでしょう。

 

ちなみに、私の場合は会社で「午前10時(朝休憩)」と「午後3時(午後休憩)」の2回休憩時間がありますので、このタイミングを利用しています。

 

具体的には、そのタイミングに「職場のある4階と1階を階段で往復する」様に習慣付けています。

 

だから、余程のことが無い限り、朝食は7時・昼食は12時と決まった時間に摂取する様な習慣になっています。

 

このように、「運動するタイミングを自分なりに決めてやる」と、朝食や昼食の時間もそれに合わせて一定になりますし、それと何より決めた時間に運動せざるを得なくなる環境が整いますので、おすすめですよ。

 

最後に

運動するタイミングによって、腹痩せダイエット効果が違うことが分かっていますので、是非参考にしてみて下さい。

 

ただ、ぴったり食事後3時間に運動するなんて、普段の日常では現実的に難しいと思いますので、私がやっている様に「自分が習慣づけできそうなタイミング」を見つけてやればよいと思います。それが食後すぐとかのタイミングでなければ問題はありません。

 

せっかく運動するのですから「より効果的に」を日頃から意識しておきましょう。

 

ご参考になれば幸いです。

 

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

 

   運動 

この記事に関連する記事一覧

お腹痩せダイエット教材格付評価

「完成度、効果期待度、価格、サポート体制、著者信頼度」から評価した、当ブログ管理人によるお腹痩せダイエット教材の格付結果です。

興味のあるボタンをクリックして、レビューの中身をご覧になってみて下さい。






自分の本心に忠実に書いています。当ブログ管理人の価値感による評価ですので、他サイトの評価結果とは異なります。
お腹痩せ教材選定にお悩みの方へ

初心者教材選定ガイド

教材の選び方がよく分かる!教材選定ガイド。

⇒詳細はこちら
お腹痩せダイエット教材って何?
情報教材の全て2
腹痩せダイエット教材のメリット・デメリットなどを、どこよりも詳しく解説。

⇒詳細はこちら
当ブログへのご質問

質疑応答
当ブログへ頂いたご質問にお答えしています。

⇒Q&Aはこちら
人気ブログランキング

人気ブログランキングの「部分痩せ」部門で、1位を獲得しました!

ブログランキング1位キャプチャ

いつも応援頂きありがとうございます (^^)/

カテゴリー
当ブログ内検索

ページの先頭へ