筋トレでお腹痩せ効果が出ない5つの理由とは?

目安時間8分

こんにちは、松下です!

 

ぽっこりお腹の解消に向けて、筋トレに励まれている方も多いかと思いますが、なかなかお腹痩せダイエット効果が出ないという方もおられるでしょう。

 

しかし、それは筋トレのやり方や考え方に問題があることが原因の場合が多いです。

 

そこで、今回は筋トレによるお腹痩せ効果が出ない5つの理由について紹介したいと思います。

 

筋トレメニューが最初からハードすぎる

これは、学生時代に部活をやっていた人などが陥りやすい落とし穴なのですが、いきなりハードなメニューを筋トレに入れたことで、怪我をするといったケースも珍しくありません。

 

特に30代ともなれば、身体のどこかにガタは来ているものです。筋力も「足は弱いけど腕は強い」など人によって差があります。

 

しかし、それを無視して、いきなりジムなどで重いもので筋トレを始めると、思わぬ落とし穴が待ち受けています。

 

例えば、ベンチプレスの例で言うと、ウエイトを持ち上げる際に左右の筋力差によってどちらかが過負荷になり、弱い方の肩を痛めてしまうというケースです。

 

だから、まずは自分の筋力をしっかりと把握して、弱いところを強くしながら徐々にステップアップしていくのが筋トレの正しいやり方です。自分の体力をあまり信じ過ぎないようにしましょう。

 

筋トレ前にウォーミングアップをしない

走る前にウォーミングアップされる方は多いと思いますが、筋トレ前にされる方って意外と少ないのではないでしょうか?

 

人の身体は、いきなり激しく動かすとびっくりしてしまい、怪我に繋がる可能性があります。

 

これは、身体が冷えた状態からいきなり高負荷を身体にかけるのが問題なのであって、身体を温めてからやれば問題はありません。

 

ウォーミングアップを「夏場は軽く冬場は念入りに」というのは、これらの理由から来ています。冬場は、特に筋肉を痛めやすいので念入りにやりましょう。

 

ウォーミングアップの目的は身体を温めることですので、ウォーキングや自転車でOKです。ジムに行かれている方なら、ジムまで歩いて行くのも立派なウォーミングアップです。

 

私は、鬼ごっこなど子供と遊んだ後に筋トレをやる様にしています。

 

「ウォーミングアップを全くしていない状態で、高負荷を扱う筋トレをやる」。これだけは絶対に避ける様にしましょう。

 

筋トレ実践日の睡眠時間が十分ではない

いくら頑張って筋トレをやっていても、睡眠が足りていなければ、筋トレによるお腹痩せ効果が出ない場合があります。

 

それは、睡眠中に多く分泌される「成長ホルモン」が深く関係しています。「子どもじゃないのに成長ホルモンってどういうこと?」と思われるかもしれませんが、成長ホルモンは子どもであっても、大人であっても全ての年代の人に必要なものです。

 

成長ホルモンには、様々な組織の成長を助けることや、身体にある物質を使えるエネルギーに変えてくれる代謝という働きがあります。

 

そして、この成長ホルモンは睡眠中に最も多く分泌されるものであることから、睡眠不足が筋肉の回復や発達を妨げてしまう原因になってしまうことがあるのです。

 

忙しくて睡眠不足になる方もおられるかもしれませんが、睡眠は蓄えの効くものでもない為、1日最低でも6時間は睡眠を取るように心がけましょう。

 

筋トレをやった回数で満足する

筋トレによくあるケースとして、筋トレをやった回数で満足してしまうというのがあります。多くの回数ができれば、「自分はこんなにできるんだ」という達成感もあるでしょう。

 

そういう達成感は確かに大切なのですが、例えば反動や勢いなどを利用してやっていたら、当然筋肉に必要な刺激を与えられないし、フォームがグダグダであれば筋トレによるお腹痩せ効果はなかなか出ないでしょう。

 

大事なのは「どれだけ多い回数をこなせたか」ではなくて、「正しいフォームを意識して、狙った筋肉に対してきちんと刺激を与えることができたか」です。

 

ここは、大事なので間違えない様にしたいところです。

 

筋トレの正しいフォームや効率的なやり方は、「シックスパックビルダー」や「腹筋RED」などに詳しく解説されていますので、参考にされると良いでしょう。

 

 

筋トレだけをやっている

ぽっこりお腹の原因で多いものとして、内臓脂肪皮下脂肪などの脂肪の溜まり過ぎが挙げられます。

 

仮にこれらが原因の場合、脂肪を燃焼させることができなければ、いくら筋トレに励んだところでお腹痩せはできないでしょう。

 

だから、筋トレと脂肪燃焼効果の期待できる有酸素運動を併用してやることで、お腹痩せダイエット効果を高めることができます。

 

一般的に、脂肪が増えれば筋肉も増え、脂肪が減れば筋肉も減ります。

 

だから、お腹痩せダイエットをやる際には、効率的に脂肪を燃焼させることを第一に考えながら、筋肉量を減らさない為に筋トレをやるんだという意識で筋トレをやるのがいいでしょう。

 

最後に

間違ったやり方で筋トレをやってしまうと、本当はぽっこりお腹を解消する為にやっているのに、皮肉にも全然お腹痩せしないといったケースも珍しくありません。

 

せっかくお腹痩せする為に筋トレを実践するのであれば、やり方を間違えない為にも、まずは筋トレをやる前に「間違ったやり方」を知っておくことは意味のあることだと思います。

 

一つでも思い当たる節のある方は、そのポイントを改善した上で、筋トレを実践してみましょう。

 

ご参考になれば幸いです。

 

 

   運動 

この記事に関連する記事一覧

お問い合わせ

メールサポート

ご質問、ご相談はこちらからどうぞ。2日以内に返信致します。お気軽にご連絡ください。

⇒ご質問、ご相談はこちら
当ブログへのご質問

質疑応答
当ブログへ頂いたご質問にお答えしています。

⇒Q&Aはこちら
お腹痩せダイエット教材格付評価

当ブログ独自の判断基準を使い、お腹痩せダイエット教材を5段階に格付けしました。興味のあるボタンをクリックして、レビューの中身をご覧になってみて下さい。


⇒【32点】ほったらかしダイエット福辻式

⇒【28点】激しい運動不要で腹筋を割る楽々ダイエット

⇒【26点】完璧な腹筋を手に入れて美しくなる方法

⇒【22点】有酸素運動で理想の体型を手に入れよう!

⇒【18点】理想的な体を手に入れるダイエット

⇒【18点】今から間に合う短期集中ダイエット

⇒【16点】新陳代謝を活性化して無理なくダイエット!

⇒【16点】シークレットモデルダイエット

⇒【14点】前島式肩甲骨ダイエット

⇒【12点】ぽっこりお腹改善マニュアル

⇒【12点】自宅のトレーニングでパーフェクトな体を手に入れる方法

⇒【10点】ホントの夜トマトダイエット


⇒【58点】THE MOTE BODY

⇒【56点】SSMTメソッド

⇒【52点】日本人男性専用トレーニング

⇒【50点】さかさまダイエット

⇒【44点】メンズボディデザイン

⇒【42点】頑張らなくていい産後ダイエット

⇒【40点】蓮水カノンの1日7秒腹ペタダイエット


⇒【74点】腹筋RED

⇒【70点】腹割ダイエットプログラム


⇒【90点】ダイエットバイブル

⇒【86点】【荒木式】断糖肉食ダイエット

⇒【84点】デスクワーカー専用ダイエット


⇒【94点】シックスパックビルダー

自分の本心に忠実に書いています。当ブログ管理人の価値感による評価ですので、他サイトの評価結果とは異なります。
お腹痩せ教材選定にお悩みの方へ

初心者教材選定ガイド

教材の選び方がよく分かる!教材選定ガイド。

⇒詳細はこちら
人気ブログランキング

人気ブログランキングの「部分痩せ」部門で、1位を獲得しました!

ブログランキング1位キャプチャ

いつも応援頂きありがとうございます (^^)/

当ブログ内検索

ページの先頭へ