プロテインの腹痩せダイエット効果と摂取方法について

目安時間7分

こんにちは、松下です!

 

腹痩せダイエットを効率的に行う方法の一つとして、「プロテインを摂取する」方法が挙げられます。

 

ただ、プロテインの種類も多いので「どれを・どのように・どのタイミングで」摂取すればよいか悩まれている方や、そもそもプロテインって必要なのか疑問に思っている方もおられるかと思います。

 

そこで、今回はプロテインの腹痩せダイエット効果や、種類・役割、その摂取方法など、腹痩せダイエットに役立つテーマでお届けしたいと思います。

 

プロテイン摂取って腹痩せに効果はあるの?

腹筋運動に代表される筋トレの後というのは、筋肉が飢餓状態になります。だから、身体に栄養を取り込まないで放っておくと、体は消費エネルギーを減らす為に消費エネルギーの高い筋肉を分解して小さくしようとします。

 

すると、今度は体の基礎代謝が下がりますので、腹痩せダイエットに重要な脂肪の減少を望めなくなります。

 

もちろん、運動直後に普通の食事で栄養を補う方法もありますが、食事は固形物である為、消化・吸収にどうしても時間がかかってしまいます。

 

一方、プロテインは既に粉状になっているので、消化に費やす内臓の労力がほぼ無くて済みます。その為、早く筋肉に栄養を与えることができるので、筋肉量がほぼ落ちない状態を維持できます。

 

このことから、運動直後にプロテインを摂取することにより、筋肉量を減らさないことで基礎代謝の減少を防ぎ、腹痩せに重要な「脂肪燃焼効果」を維持しやすいということが言えるでしょう。

 

プロテインの種類って何があるの?

プロテインの市販品は主に

 

  • 乳製品
  • 大豆

 

のいずれかを原材料にしているものですが、全体の約9割が乳製品由来のものになります。大豆については、イソフラボンが含まれており、主に女性のホルモン促進用として販売されています。

 

プロテインのほとんどを占める乳製品プロテインですが、この中にも主に2種類が存在し、それが

 

  • ホエイ
  • カゼイン

 

になります。

 

「ホエイ」は牛乳の上澄み部分から作られ、「カゼイン」は逆に沈殿部分から作られたものです。

 

ホエイorカゼインどちらを摂取すべき?

ホエイとカゼイン

ホエイ、カゼイン共それぞれ役割が異なり、その内容を知った上でどちらが適しているかを考えてみましょう。

 

まず、ホエイは消化吸収が早いので、運動をした直後に摂取するのが適しています。

 

具体的なタイミングとしては、運動を終えて30分以内に摂取すれば、疲れた筋肉にいち早く栄養を与えることができるので、効果的だと言えるでしょう。

 

一方、カゼインは消化吸収が遅いので、就寝前に摂取するのが適しています。

 

ただ、腹痩せダイエットでプロテインを摂取する目的は、運動直後における飢餓状態の筋肉回復になりますので、どちらを利用するか迷われた場合はホエイにされることをおすすめします。

 

プロテインって太るの?

プロテインは一応食べ物なので、カロリーがあることはあります。ただ、炭水化物や脂質と比較するとたんぱく質はほとんど体脂肪にならないものです。

 

プロテインを飲み始めて太ったとしたら、それは通常の食事で炭水化物や揚げ物など脂質の過剰摂取によりカロリーが増えてしまったことが原因であることがほとんどです。

 

プロテインだけで太るということは基本的にはありません。

 

最後に

プロテインは種類と摂取タイミングさえ間違わなければ、腹痩せを効率的に達成する上での強力なサポートになってくれるでしょう。

 

ただ、プロテインはインシュリン(※)で以って筋肉に吸収されると効率が良いので、水で摂取するよりは、牛乳(低脂肪乳・無脂肪乳が良い)などで摂取するのが良いでしょう。

(※)炭水化物摂取により膵臓から分泌される成分で、肝臓や筋肉に一早く炭水化物を運んでくれる役割を持つ。だから、トレーニング直後は最低限の炭水化物を取って、プロテインをスムーズに運んでもらった方が吸収が良いとされている。

 

ちなみに、私もトレーニング直後はプロテインの助けを借りているのですが、実際に愛用しているのは「ザバス(SAVAS)のホエイプロテイン100(ココア or バニラ)」になります。

 

↓ココア

 

↓バニラ

 

プロテインって様々なメーカーが、いろんな種類の物を出しているので正直どれにしたらよいのか迷いますが、私がザバス(SAVAS)を選んだポイントとしては、

 

  • 日本で一番売れていて、多くの人が愛用した実績がある
  • 日本の有名メーカーの製品で信頼度が高い(ザバスは明治のブランド)
  • 液体への溶けが良い
  • 1杯当たりの値段を100円程度には抑えたい
  • 味がおいしい(薄味ではない)

 

になります。

 

ただ、「ホエイプロテイン100」には上の2つ以外に「バナナ、ストロベリー、チョコレート、カフェオレ」の4種類もありますが、実はこれらは違う商品であり、タンパク質含有量や栄養素も少ないので、購入を検討される際には注意しましょう。

 

長くなりましたので、最後にこの記事のまとめです。

 

  • プロテインのほとんどは乳製品由来であり、消化吸収の早いホエイがおすすめ
  • 運動直後の筋肉回復で基礎代謝の減少を防ぎ、脂肪燃焼効果が維持できる
  • 基本的にプロテイン摂取のみで太ることはない

 

ご参考になれば幸いです。

 

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

   アイテム 

この記事に関連する記事一覧

お腹痩せダイエット教材格付評価

「完成度、効果期待度、価格、サポート体制、著者信頼度」から評価した、当ブログ管理人によるお腹痩せダイエット教材の格付結果です。

興味のあるボタンをクリックして、レビューの中身をご覧になってみて下さい。






自分の本心に忠実に書いています。当ブログ管理人の価値感による評価ですので、他サイトの評価結果とは異なります。
お腹痩せ教材選定にお悩みの方へ

初心者教材選定ガイド

教材の選び方がよく分かる!教材選定ガイド。

⇒詳細はこちら
お腹痩せダイエット教材って何?
情報教材の全て2
腹痩せダイエット教材のメリット・デメリットなどを、どこよりも詳しく解説。

⇒詳細はこちら
当ブログへのご質問

質疑応答
当ブログへ頂いたご質問にお答えしています。

⇒Q&Aはこちら
人気ブログランキング

人気ブログランキングの「部分痩せ」部門で、1位を獲得しました!

ブログランキング1位キャプチャ

いつも応援頂きありがとうございます (^^)/

カテゴリー
当ブログ内検索

ページの先頭へ