ウォーキングを続けているのにお腹痩せしない理由とは?

目安時間7分

こんにちは、松下です!

 

今回はちょっといつもと趣向を変えて、私の友人(Y君)に実際にあった話を例に、「ウォーキングを続けているのにお腹痩せしない理由」をテーマにしたいと思います。

 

Y君は丁度私と同じ30代後半で、「近頃ぽっこりお腹が気になり始めた」ということで、ある時期からウォーキングを始めました。

 

Y君は一度始めたらとことん継続するタイプだったので、毎日ウォーキングを行い、それを3ヶ月続けていました。しかし、「一向にお腹痩せしないどころか、むしろウォーキングを続けることでお腹がぽっこりしてきている・・・」という相談を受けました。

 

家から最寄り駅まで徒歩30分を毎日往復していると言います。大粒の汗をかきながら頑張ってウォーキングしているというのに、全くお腹痩せできない原因は一体何?とY君は言うのです。

 

ぽっこりお腹になるには必ず理由がある!

まず、基本的なこととしてウォーキングのやり方次第でお腹痩せしにくい人はいるでしょうけど、ウォーキングでぽっこりお腹になるということは普通考えられません。ウォーキングにはぽっこりお腹になる理由がないからです。

 

であれば、これは食生活に何かあるとしか考えにくく、「何か思い当たる節は無いか」と聞いたところ、むしろ食事には気を配っていると言うのです。更に以前ほど食事の量は摂っていないとのこと。

 

しかし、人の身体は正直で「ぽっこりお腹になるには必ず理由がある」はずです。

 

そこで、Y君に食事内容をよくよくヒアリングしたところ、お腹痩せダイエットをするのに良かれと思って、「そうめん」を食べていることが判明しました。

 

一般的に、そうめんは50gが1束になっていますが、それを1度に4~5束食べているとのことでした。別に、Y君に限らず4束程度なら男性であれば軽く平らげられるでしょう。

 

確かに、喉越しも良く夏には人気の食べ物ですが、何とカロリーだけで言うと4束なら約720kcal。ご飯茶碗であれば3杯以上に相当します。

 

これでは、いくら毎日ウォーキングをしていても、帳消しになってしまいます。本当はY君、もっとお腹が太っていてもおかしくなかったのではないかと思います。

 

知らないことは怖いこと

「お腹痩せダイエットをやろう」という強い気持ちがあって、実際にウォーキングという行動も起こしているのに、掲げた目標と正反対の結果になってしまうのは本当にもったいないことです。

 

特に、本人は低カロリーだと思い込み、良かれと思って摂取していたものが、実は高カロリーなのに気づかずに過剰摂取して、ぽっこりお腹を加速させているケースも珍しくありません。

 

これでは、いくら行動を起こしても水の泡になってしまいます。

 

身体には良さそうなのに意外とカロリーが高い食品

カロリーが低いと思っていた「そうめん」が意外と高カロリーでしたが、身体には良さそうなのに意外とカロリーが高い食品が他にもありますので、紹介したいと思います。

 

<乳製品>

  • ヨーグルト
  • 牛乳

 

<大豆製品>

  • 納豆
  • 豆腐

 

これらは、私も知った時には驚いたのですが、意外とカロリーが高い食品になります。

 

もちろん、身体には良い食品なのですが、身体に良いと思って、例えば「ヨーグルトと牛乳」「納豆と豆腐」を同時に摂取する様な方法だと、たちまちカロリーオーバーになってしまうので、気を付けた方が良いでしょう。

 

食事のカロリーオーバーでは、いくらウォーキングなどの運動をやったところで、お腹痩せなんてできないです。

 

「身体に良い」のと「カロリーが低い」のは、また別の問題だという認識を持っておくことが大事かと思います。

 

カロリーは高そうだけど思った以上に高い「あんぱん」

朝時間が無くて、コンビニで「あんぱん」を片手に会社へ出勤なんて方もおられるかと思います。一般的に、「あんぱん」のカロリーが高そうだということはある程度共通の認識ですよね。

 

しかし、コンビニで5個入り100円程度でよく売られている、あの小さなあんぱん1つで実はご飯茶碗1杯弱のカロリーがあるんです。仮に、5つ食べればご飯茶碗4杯以上に匹敵します。通常、ご飯4杯なんてお腹いっぱいで食べられないですよね。でも、小さいあんぱんなら5つくらいぺろりと平らげることもできるでしょう。

 

「満腹感とカロリーの相関性は無い」という驚きの一例だと思います。

 

最後に

「お腹痩せに役立ちそう」と思って、せっかくウォーキングという具体的な行動を始めたのに、目標とは反対方向に行ってしまうと、モチベーションを維持するのも難しくなってしまいます。

 

「知らないことは本当に怖い」ことで、自分が気づかずに良かれと思ってやっていても、実は正反対のことをやっていたら、本当にもったいないことです。

 

また、「健康に良いかどうか」と「カロリー」の相関はありませんし、満腹にならないからカロリーが少ないというわけでもありません。

 

だから、多少面倒でも「普段自分がよく食べるもの」「特にお腹痩せの為に良かれと思って食べているもの」のカロリーチェックを一度行ってみてはいかがでしょうか。

 

そこに、今まで気づかなかった意外な「落とし穴」が見つかるかもしれません。

 

ご参考になれば幸いです。

 

 

   食事 

この記事に関連する記事一覧

お腹痩せダイエット教材格付評価

「完成度、効果期待度、価格、サポート体制、著者信頼度」から評価した、当ブログ管理人によるお腹痩せダイエット教材の格付結果です。

興味のあるボタンをクリックして、レビューの中身をご覧になってみて下さい。






自分の本心に忠実に書いています。当ブログ管理人の価値感による評価ですので、他サイトの評価結果とは異なります。
お腹痩せ教材選定にお悩みの方へ

初心者教材選定ガイド

教材の選び方がよく分かる!教材選定ガイド。

⇒詳細はこちら
お腹痩せダイエット教材って何?
情報教材の全て2
腹痩せダイエット教材のメリット・デメリットなどを、どこよりも詳しく解説。

⇒詳細はこちら
当ブログへのご質問

質疑応答
当ブログへ頂いたご質問にお答えしています。

⇒Q&Aはこちら
人気ブログランキング

人気ブログランキングの「部分痩せ」部門で、1位を獲得しました!

ブログランキング1位キャプチャ

いつも応援頂きありがとうございます (^^)/

カテゴリー
当ブログ内検索

ページの先頭へ