脂肪排出の為に食事で必ず摂取すべき栄養素とは?

目安時間7分

こんにちは、松下です!

 

ぽっこりお腹を解消する為には「脂肪を体から追い出す」ことが重要ですが、食事での「ある1つの栄養素」の摂取が「脂肪排出」を強力にバックアップしてくれることが科学的に分かっています。

 

今回は、「その栄養素の役割」と「効率的な摂取方法」について、私が普段心がけていることも含めながら紹介したいと思います。

 

「食物繊維」は脂肪の吸収を阻害してくれる

スパイラル

突然ですが、人の体内で分泌される「胆汁酸」ってご存知ですか?

 

胆汁酸とは、食事の時に体内で分泌される成分のことで、脂肪の消化を助ける働きがあり、主にコレステロールから作られています。

 

つまり、この胆汁酸を多く分泌させると、脂肪を減らしてくれるだけでなく、コレステロール濃度も低下させることができます。

 

通常、胆汁酸は量自体が増えるものではないのですが、便と一緒に排泄されると新しく作られます。当然、新しいものの方が活発に働き、その度にコレステロールの濃度も下がるので、この胆汁酸をいかに効率的に排泄できるかがポイントになります。

 

そこで、胆汁酸を効率的に排泄できる様にする為に助けとなるのが「食物繊維」です。

 

「食物繊維」を多く摂ることで胆汁酸が効率的に体外へ排泄され、その分がまた新しく分泌されます。

 

前置きが長くなりましたが、要するに「食物繊維」が脂肪の吸収を阻害してくれ、かつコレステロールの使用量をどんどん増やす役割を果たしてくれるのです。

 

このスパイラルこそが、「腹痩せ」にとって大変重要なプロセスであり、「食物繊維」が腹痩せダイエットに欠かせない栄養素である所以なのです。

 

「食物繊維」を効率的に摂取するには?

次に、「食物繊維が腹痩せダイエットに必要なのは分かったけど、食物繊維を効率的に摂取する方法ってあるの?」ということが気になるかと思いますが、主には次の3つの方法があります。

 

  • 海藻をよく摂る
  • 野菜は軽くゆがいて食べる
  • 精製度の低い穀類を食べる

 

食物繊維

海藻(わかめやひじき)は、それ自体のカロリーも非常に低くコレステロールの排泄にも効果がありますので、自発的に摂取する様に心がけましょう。

 

次に野菜についてですが、これはゆがくと嵩(かさ)が減るので、食べられる量は増えます。しかし、ゆで過ぎるとビタミン破壊が懸念されますので、軽くゆがくことを心がけましょう。

 

穀類に関しては「発芽米」がおすすめです。

 

発芽米は、白米と比較すると食物繊維が約5倍含まれており、かつ白米よりもよく噛まなければなりません。従って、少量でも満腹感を得られるので「ダイエット効果」が高いとされています。

 

実際、私も家でご飯を食べる時は「発芽米」を愛用しています。食べ方としては白米に混ぜるだけなので、日常の食生活にも手軽に取り入れやすく、面倒に感じることもほとんどありません。

 

玄米が苦手な人にとっては、匂いが受け付けられないという人もいるかもしれませんが、冷めてもモチモチな印象なので弁当との相性も良く、会社や学校に持っていくこともできます。

 

1日にどれくらい「食物繊維」を取ればいいの?

食物繊維摂取量

食物繊維は、成人男性で1日に20g程度摂取した方がよいと言われています。しかし、厚生労働省が調査した結果によると、実際は15g程度しか摂取できていないのが現状です。

 

1日3食の食事で摂取できるのが理想ですが、食物繊維が足りないからといって食事の中に食物繊維を更に5g増やすことは、なかなか容易ではありません。

 

そこで、おすすめなのは食物繊維が多い商品の利用です。私が実際に購入して、手軽に利用できそうだと思ったのは、

 

  • ケロッグの「オールブラン」

 

です。

 

この2つは、大手メーカーで信頼できる上に値段設定もお手頃で、さすが食物繊維を謳っているだけあって量も十分ですから、不足分を補うにはおすすめの商品と言えます。

 

朝食に十分な時間が取れる方は「オールブラン」、外出先で手軽に取りたいという方は「青汁寒天ジュレ」と、シチュエーションによって商品を決めて摂取するのが良いかと思います。「無理なく摂取できる」環境作りこそが継続する為の秘訣です。

 

普段から食物繊維が足りないと思っていても、なかなか食事改善ができないなと思っている方は、時にはこういった商品を利用してみるのも一つの手ではないでしょうか。

 

但し、基本は食事の中で食物繊維を摂取することですから、時間に余裕ができたら食事の見直しをしてみて下さい。

 

また、急に食物繊維の量を増やすと、お腹の調子が悪くなる方もいますので、少しずつ増やしていくことを心がけましょう。

 

最後に

「ダイエット」と言っても、食事制限の様にやみくもに食事の量を減らすのは得策ではありません。

 

健康的に「腹痩せ」を実現する為に、「必要な栄養素を確実に摂取する」ことを心がけながら、脂肪を排出しやすい環境を作ることが大切です。普段の食生活にも意識的に取り入れてみましょう。

 

最後にこの記事のまとめです。

 

  • 「食物繊維」は脂肪を排出してくれる大事な栄養素
  • 「海藻や発芽米の摂取」「野菜の軽ゆがき」が効率的な「食物繊維」摂取のコツ
  • 「食物繊維が多い商品」を時には利用してみるのも一つの手

 

ご参考になれば幸いです。

 

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

   食事 

この記事に関連する記事一覧

お腹痩せダイエット教材格付評価

「完成度、効果期待度、価格、サポート体制、著者信頼度」から評価した、当ブログ管理人によるお腹痩せダイエット教材の格付結果です。

興味のあるボタンをクリックして、レビューの中身をご覧になってみて下さい。






自分の本心に忠実に書いています。当ブログ管理人の価値感による評価ですので、他サイトの評価結果とは異なります。
お腹痩せ教材選定にお悩みの方へ

初心者教材選定ガイド

教材の選び方がよく分かる!教材選定ガイド。

⇒詳細はこちら
お腹痩せダイエット教材って何?
情報教材の全て2
腹痩せダイエット教材のメリット・デメリットなどを、どこよりも詳しく解説。

⇒詳細はこちら
当ブログへのご質問

質疑応答
当ブログへ頂いたご質問にお答えしています。

⇒Q&Aはこちら
人気ブログランキング

人気ブログランキングの「部分痩せ」部門で、1位を獲得しました!

ブログランキング1位キャプチャ

いつも応援頂きありがとうございます (^^)/

カテゴリー
当ブログ内検索

ページの先頭へ