お酒の飲み方にもコツがあった!

目安時間7分

こんにちは、松下です!

 

今日は日常に馴染みの深いお酒がテーマです。

 

ビール腹に代表される様に、ビールなどお酒全体が「ダイエットの敵」として見られる風潮がありますが、本当にそうでしょうか?

 

ビジネスマンの方であれば「ダイエットの為とはいえ、付き合いもあるし、お酒はやめられないよ」という方も多いと思います。

 

そこで、今回は腹痩せダイエットに役立つ「飲酒のコツ」をテーマにお届けしたいと思います。

 

お酒は百薬の長

昔からよく聞く言葉に「お酒は百薬の長」というのがありますが、本来適度の飲酒は私たちにストレス解消などの良い効果をもたらしてくれるものであり、疫学的研究においても健康躍進、寿命延長に繋がるものであると認められています。

 

また、アルコールのカロリーは体内で熱として消費されるので「空っぽのカロリー」とも言われており、直接ビール腹や太鼓腹に繋がるものではないとされています。

 

お酒の飲み方にも工夫を

とはいえ、お酒の種類によって糖質の量に差があるのも事実です。

 

従って、少ないながらも腹回りへの影響度を考えると、知識としてお酒の種類の違いによる糖質含有量の大小については知っておいた方がよいのではないかと思います。

 

まず、糖質が少なくてオススメのお酒は、

 

  • ウィスキー
  • 焼酎
  • ワイン(辛口)
  • 日本酒(日本酒度+3~4以上)

 

などになります。

 

これらは、糖質が無いか、極端に抑えられているので、基本的に飲み過ぎによるぽっこりお腹への影響はほぼ無いと言ってもいいでしょう。(飲み過ぎによる肝臓への負担は別ですが・・・)

 

ちなみに、ワインの甘口・辛口についてはよく知られていると思いますが、日本酒の「日本酒度」に関しては、あまり知られていないと思いますので少し触れておきます。

 

%e3%81%a9%e3%81%ae%e3%81%8a%e9%85%92%e3%81%ab%e3%81%99%e3%82%8b

一般的に、「日本酒度」が高いほど辛口、低いほど甘口と言われています。これはお酒の比重で定まっており、比重が軽いと日本酒度はプラス(+)になり、比重が重いとマイナス(-)になります。

 

実は、糖質は比重が重く、アルコールは軽いことが分かっていることから、糖質が多いほど比重は重くなるので日本酒度は低くなり、糖質が少ないほど比重は軽くなるので日本酒度は高くなります。

 

例えば、濁り酒などは日本酒度がほぼマイナスですが、「喉越しが良くキレのある辛口」のお酒はプラスの値が高くなっています。「ぽっこりお腹になるリスクはなるべく減らしたいけど、どうしても日本酒を愛飲したい」という方は、糖質が少ない「辛口」にされるのが良いでしょう。

 

ちなみに、日本酒度+10以上の王道の辛口日本酒としては、日本酒度+12の

 

  • 春鹿/純米酒 超辛口
  • 刈穂/山廃純米 超辛口

 

あたりがオススメです。

 

アルコールの吸収を助けてくれる合間のつまみって?

ぽっこりお腹にならない為には、糖質の少ないお酒を選ぶ様にすることがコツですが、全く糖質を取らないと今度は逆にアルコールの代謝がスムーズに行われなくなり、これはこれでまた問題です。

 

ちびちびと長時間お酒をたしなむ場合は、焼餃子など少しだけ糖質が取れる食べ物を合わせて摂取すると、アルコールの代謝が助けられて良いと思います。

 

よくダイエットサイトなどには「居酒屋へ行った時に油っぽい食べ物は避けた方がよい」などの内容が書かれていますが、そもそも居酒屋でわいわい食べている時にメニューを制限するといったことはほぼ不可能に近いと思っています。

 

ただそうはいっても、せめて糖質の明らかに多いラーメンなどの麺類、これだけは何とか抑えたいものですね。

 

糖質ゼロを謳う発泡酒や第3のビールも侮れない

%e5%bc%b7%e8%80%85%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%ab%e9%81%94

実は私も少し前までは、糖質ゼロの発泡酒や第3のビールは水っぽく、何か物足りなくて飲んだ気がしなかったので、これらを敬遠していた一人です。

 

そもそも、味や飲みごたえを決めるのは糖質を多く含む麦芽なのですが、糖質ゼロの発泡酒や第3のビールは、この麦芽の量が通常のビールと比べると絶対的に少ないということがあります。

 

しかし、最近では食物繊維を添加してコクを出したり、あるいは香りを引き立たせる為にホップを入れたりと、各メーカー共様々な工夫の跡が見て取れます。

 

ただ、欠点として発泡酒特有の泡立ちの悪さは否めませんので、泡立ちにこだわりをお持ちの方には不向きかもしれません。しかし、どうしてもビールは止められないという方はこういうものを利用してみるのも一つの手かと思います。

 

ぽっこりお腹改善マニュアル

 

最後に

「お酒」と一言で言っても様々な種類があり、それがぽっこりお腹に与える影響度合いも千差万別です。

 

一杯目は通常のビールをぐびっと飲むのもいいでしょうが、二杯目以降は今回紹介したお酒などをうまく活用しながら、できるだけぽっこりお腹の原因を作らない様に意識を変えていきしょう。

 

ご参考になれば幸いです。

 

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

   食事 

この記事に関連する記事一覧

お腹痩せダイエット教材格付評価

「完成度、効果期待度、価格、サポート体制、著者信頼度」から評価した、当ブログ管理人によるお腹痩せダイエット教材の格付結果です。

興味のあるボタンをクリックして、レビューの中身をご覧になってみて下さい。






自分の本心に忠実に書いています。当ブログ管理人の価値感による評価ですので、他サイトの評価結果とは異なります。
お腹痩せ教材選定にお悩みの方へ

初心者教材選定ガイド

教材の選び方がよく分かる!教材選定ガイド。

⇒詳細はこちら
お腹痩せダイエット教材って何?
情報教材の全て2
腹痩せダイエット教材のメリット・デメリットなどを、どこよりも詳しく解説。

⇒詳細はこちら
当ブログへのご質問

質疑応答
当ブログへ頂いたご質問にお答えしています。

⇒Q&Aはこちら
人気ブログランキング

人気ブログランキングの「部分痩せ」部門で、1位を獲得しました!

ブログランキング1位キャプチャ

いつも応援頂きありがとうございます (^^)/

カテゴリー
当ブログ内検索

ページの先頭へ