【総合評価C】いまいち教材一覧

目安時間11分

間違ったことを言っている訳ではないけど、現実的な実践許容範囲を超えている。購入者を騙している訳ではないけど、価格と内容のバランスが取れていない。他にもっと良い教材が販売されて、存在価値が下がってしまった。そんな微妙な教材一覧です。

 

スーパー・セブン・マッスル・トレーニング SSMTメソッド

 

微妙ポイント1:HSMT法より効率が悪い?

教材ではSSMT法(Super Seven Muscle Training)という筋トレ法が紹介されており、販売レターには

前作HSMT法の3倍の効果が期待できる最新SSMT法

とあります。

 

実際にやってみてノウハウとしては確かに間違いないものだと思いましたが、前作のHSMT法と比べると・・・明らかに効率が悪いです。なぜなら、HSMT法は筋トレの効率を目一杯追い求めているのに対して、本SSMT法はそこまで筋トレ効率を追い求める形になっていないからです。

 

しかも、HSMT法の71ページにSSMT法に関する説明が一部あります。ここで言うSSMT法はSuper Slow Muscle Trainingとして説明されていますが、本教材のSSMT法と内容はほとんど同じです。

 

微妙ポイント2:食事に関する情報が薄い

腹痩せダイエット教材で一般的に優れたものというのは、その教材だけで腹痩せダイエットに必要な基礎知識や食事、運動に至るまで全てを網羅できていることが前提となります。

 

しかし、このSSMT法は食事や栄養に関する内容が非常に弱いです。本編ではなく付属特典扱いなのも不満の一つです。食事の内容がこのレベルで12800円は正直高いです・・・

 

総合評価

「前作HSMT法の3倍の効果が期待できるSSMT法」と謳っていますが、HSMT法より筋トレ効率が上がっていないのに「なぜ3倍と言えるのか?」という根拠がよく分かりませんでした。

 

前作HSMT法と同じ著者の新作ということで胸を躍らせていましたが、中身としては期待外れに終わった感があり大変残念です。

 

日本人男性専用トレーニング

 

微妙ポイント1:1日35分で実践できる運動量ではない

販売レターには、

実際に私の方法では・・・1日35分×週3日。これが体を変えるために必要なリアルな時間。

と書かれていますが、現実的に35分で消化できる運動メニューではありません。

 

実際に私も教材で紹介されているメニューをやってみましたが、1時間ちょっとかかりました。特に、筋肉トレーニングになれていない初心者ならフォームを確認しながらの実践になりますので、さらに時間がかかると思います。

 

筋トレを普段やっている上級者ならもう少し早くできるかもしれませんが、それでもこの運動量は明らかにきつく、継続して実践できるかという観点で言うと難しいと言わざるを得ないでしょう。

 

微妙ポイント2:他の同系統教材が発売された

日本人男性専用トレーニングの発売は2012年ですが、その後同じ著者からサポート有で価格も7000円安いシックスパックビルダーが発売されて、微妙な立ち位置になってしまいました。

 

シックスパックビルダーはデスクワーカーなど初心者向けの教材であるのに対して、日本人男性専用トレーニングは筋トレ上級者向けの教材です。ぽっこりお腹の人が実践することを考えた場合、シックスパックビルダーの方が日本人男性専用トレーニングより現実的な教材と言えるでしょう。

 

総合評価

確かに、日本人男性専用トレーニングに書かれているノウハウに間違いはありません。この通りちゃんと実践できればシックスパックに限り無く近づくことができると思います。

 

しかし、トレーニング量から考えて本当に継続していけるかどうかについて疑問が残ったことと、サポート無で19800円という高めの値段設定から落第点としました。

 

本教材の購入を検討されているのであれば、メールサポート有で価格が7000円安いシックスパックビルダーの方をおすすめします。

 

頑張らなくていい産後ダイエット

  • 評価点数:42/100点
  • 教材価格:¥10,080
  • 教材中身:本編(DVD)56分・付属特典ダイエット管理ソフト
  • サポート:無
  • 返金保証:有
  • 公式HP:頑張らなくていい産後ダイエット

 

微妙ポイント1:結局何が正解なのかよく分からない

最初のパートを見ると、産後太りに関して骨盤模型などを使って解説されており、解説自体は丁寧にされている印象です。ただ、メインの骨盤体操について説明されているところでは、「結局どうするのが正解なの?」と思ってしまう箇所が多く見られます。

 

例えば、

足幅により効果が上がる場合もあるので、色々試しながら自分に合った方法を見つけて下さい。

とありますが、「こういう人ならこれくらい」みたいな指標が無いと、実践する側としては「で、結局どうすればいいの?」となってしまいます。ちょっと無責任です。

 

それなのに、

効果が出ない人は、きっちり出来ていないケースが多いので、DVDを何度も見返して下さい。

とも言っていますので、「それはないだろ~」と思ってしまいます。

 

実践者が一番知りたい「骨盤の位置が正常な場所に戻ったかどうか」を判断する方法などの解説も無いので、全体的に内容がボヤけています。実践する人が迷いやすいプログラム構成になっていると言わざるを得ません。

 

微妙ポイント2:販売価格が二重価格って・・・

本教材はインフォトップで販売されているのですが、よく調べると販売サイトが他にもあります。しかも、サイトによって販売価格が違います・・・ 安いところでは3000円弱で売られているサイトもあります。

 

レビュー用に購入した時点では他のサイトで売られていることを知らなかったので、10000円をはたいて購入した教材でしたが・・・残念!

 

総合評価

「1日たった5分で出来るダイエット」がキャッチフレーズですが、「どうやるのがいいのか理解できるまでに5分以上かかってしまう」微妙な教材ですので、あまりおすすめできません。

 

蓮水カノンの1日7秒腹ペタダイエット

  • 評価点数:40/100点
  • 教材価格:¥14,800(別途送料¥1,000が必要)
  • 教材中身:本編(冊子)196ページ・動画138分
  • サポート:有
  • 返金保証:有
  • 公式HP:【販売終了】腹ペタダイエット「メジャーで計るだけ!蓮水カノンの1日7秒ダイエット」

 

微妙ポイント1:レターの価格表現は煽り過ぎ・・・

販売レターに、

私はこのマニュアルに値段を付けるとしたら、10万円以上の価値がある自信があります。ですが、今回だけお得なキャンペーンをご用意いたしました。特別価格14800円でご提供とさせて頂きます!

と書かれています。

 

まず、10万円以上って何ですか?腹痩せダイエット教材の価格設定は1~2万円が相場ですが、10万って・・・ しかも、それが何故いきなり14800円になるのか意味不明です。

 

しかも、今回だけ特別価格と書いていますが、いつも14800円で販売されています。今回だけというのは、何を指して今回だけなのでしょうか?

 

微妙ポイント2:サポートが無期限って本当?

「サポートが有る」というのは優れた教材の条件なのですが、サポート期限というものが設けられているのが普通です。しかし、本教材は「無期限で痩せるまでサポートします」とあるのですが、「本当?」と聞きたくなります。

 

この内容については、私の方からメールで販売者さんに「本当ですか?」と問い合わせをしたのですが、残念ながら1ヶ月待っても返事はありません。この時点でサポートメールを送っても返事が返って来ない可能性が高いと言えるでしょう。

 

微妙ポイント3:一般書籍に書いてある内容・・・

同じ著者が「朝7秒メジャーで測るだけ!腹ペタ☆ダイエット」という一般書籍を出版されており、Amazonや楽天でも1000円程度の値段で販売されています。

 

確かに、本教材の内容はおもしろいのですが、コンテンツ自体は上で紹介した一般書籍の内容が中心ですので、何も10000円以上する本教材を買わなくてもいいのでは?と思ってしまいます。

 

総合評価

コンテンツ自体はおもしろいのですが、他で残念な部分が多いのでおすすめはできません。

 

他の評価はこちら

 

この記事に関連する記事一覧

お腹痩せダイエット教材格付評価

「完成度、効果期待度、価格、サポート体制、著者信頼度」から評価した、当ブログ管理人によるお腹痩せダイエット教材の格付結果です。

興味のあるボタンをクリックして、レビューの中身をご覧になってみて下さい。






自分の本心に忠実に書いています。当ブログ管理人の価値感による評価ですので、他サイトの評価結果とは異なります。
お腹痩せ教材選定にお悩みの方へ

初心者教材選定ガイド

教材の選び方がよく分かる!教材選定ガイド。

⇒詳細はこちら
お腹痩せダイエット教材って何?
情報教材の全て2
腹痩せダイエット教材のメリット・デメリットなどを、どこよりも詳しく解説。

⇒詳細はこちら
当ブログへのご質問

質疑応答
当ブログへ頂いたご質問にお答えしています。

⇒Q&Aはこちら
人気ブログランキング

人気ブログランキングの「部分痩せ」部門で、1位を獲得しました!

ブログランキング1位キャプチャ

いつも応援頂きありがとうございます (^^)/

カテゴリー
当ブログ内検索

ページの先頭へ